ヒゲを目立たなくする3つの方法 - 男力を磨く!

ヒゲを目だたなくする3つの方法

現在41歳の男です。
25歳ぐらいからヒゲが濃くなり始めました。
毎朝きちん剃っても青ヒゲのせいで実年齢以上の老け顔に見られるのが酷いコンプレックスで、これをどうにかしようと思って試した方法を紹介してみます。

最初は肌を暖めてからT字カミソリで剃る

ヒゲの処理方法として一般的なのは剃る方法です。電気シェーバー・Tカミソリの2種類になりますが、面倒な分深く剃れるのがT字カミソリ、楽だけどそこそこしか剃れないのが電気シェーバーって所です。
電気シェーバーは10000円以内で買える廉価版と3万前後する高級グレードがあるんですが、私が試した結果安いものは正直オモチャ程度、高い方でも満足いく剃り心地にはなりませんでした。

そこで工夫したのがT字カミソリです。
欠点としては深く剃れる分皮膚を傷めてしまうんです。肌が弱い私が連日すると口周りが血だらけになってました。
これをなんとかするために試したのが入浴中に剃るんです。

湯船に鼻まで使ってアゴや口周りをお湯で暖めてからT字カミソリで剃るんですが、毛や肌が柔らかくなっていて深く剃れるしカミソリ負けもしないんです。とてもいい方法だったんですが、結構これって手間がかかるんです。

朝の出勤前に悠長にここまで準備してる時間はありませんし、30歳ぐらいになってくるとこの方法でも青ヒゲが目立つようになってきたので、他に方法はないかと考えました。

次に試したのは脱毛

剃ってもダメだと思った結果、ヒゲを抜くことにしました。
最初鼻の下のヒゲを抜いた時ものすごく痛くてこれは無理だって思ったんですが、アゴ下やフェイスラインのヒゲはそれほど痛くなかったし、密度も薄かったので試してみたんです。
抜いた後はものすごくキレイでビックリしました。これほどキレイになるなら鼻の下部分もがんばるかってことで気合を入れて脱毛したんですが、涙と鼻水を流して全部抜いたところ我ながら5歳以上若返った顔つきになってビックリしました。

欠点は、10日~2週間ぐらいしたらヒゲが生えてくるんですが(それまでは超キレイ)、これが目立つんです。
生え始めで皮膚の下にあるので剃れませんし、妙に目立ってしまうんです。

一ヶ月後ぐらいなら抜けるぐらいにはなってるんですが、毛の周期にはバラツキがあって生えてる毛を全部抜いても皮膚下に埋まってる毛があったりして、労力の割りにはキレイにならないんです。
毛抜きで一本ずつ抜く脱毛は相当な手間ですし、もっと良い方法はないかと考えました。

行き着いたのは医療レーザー脱毛

普段の毛抜きのおかげで、ヒゲ脱毛への抵抗はかなりなかったのでレーザー脱毛をしてみました。
私が若い頃はヒゲ周辺全部で200万ぐらいしたので経済的に無理だと眼中になったのですが、現在は10万前後も出せば行ってもらえるリーズナブルな価格になってるので試してみました。

永久脱毛っていっても一回で完了するわけではなく、5,6回行って生えてきにくくする(それでも半分ぐらい残る)ものなんですが、どこでも大体5,6回がセット料金になってます。
最初の3回目まで麻酔をかけて行いましたが、麻酔をしててもそれなりの痛みはありましたが4回目はあれ?かなり痛み減ってるかもって感じました。
レーザーは毛根の黒さに反応するので、毛が濃い部分ほど強く反応して痛みも強いんですが、3回の施術を行ってる私のヒゲはかなり毛根が弱くなってきてたようで痛みも弱くなってたようです。
5,6回目は麻酔なしで行いましたが、十分我慢できる痛みでした。

気になったのは施術後の肌トラブル

レーザー脱毛後は三日間は肌がひどい状態になっており、個人差はもちろんあるとは思いますが元通りになるには一週間ぐらいかかったので肌が弱いと自覚している人は自宅に引きこもれるような長期休暇を利用しないとキツイと思います。
私はレーザー脱毛の結果、ヒゲの濃さや本数が少なくなり、毎日のヒゲ剃りも楽になり無事ヒゲコンプレックスを解消できました。 結局レーザー脱毛も良かったことは良かったんですけど、今になって思うともっと良い方法もあったかもしれません。
その1つがコレです。家にいながら青髭を解消するいくつかの方法なんですが。
青髭を解消する
このサイトの中で出てる脱毛器はヒゲが薄くなるまで何回でも使えるってのがメリットですよね~

毛深さの悩み

男性の特有の悩みの1つとして「毛深さ」があると思います。
悩みの理由としては「彼女が毛深いのが嫌い」というものや、「自分自信毛深いのが嫌い」などあると思います。

筆者自信も毛深いですが、毛深いことが嫌いなため、2日に1度は処理をしています。
以前になんで「毛深い」のが嫌いなのかと考えたことがあり、考えた結果2つの理由がでてきました。

1つ目の理由に周りが女性が多い環境で育ってきたということです。
女性の場合だと永久脱毛など処理をしている方が多いと思います。
周りがそのような環境でしたので処理しないと恥ずかしいというものが自分の中にあります。

2つ目の理由に服装があります。
冬服ですと露出が少ないため気にすることはありませんが、夏服だと腕や脚を露出することになります。
夏は露出部分の処理は必須になってしまいます。

毛の処理で大変と思うことはカミソリを使用した際のカミソリ負け(皮膚が赤くなりヒリヒリする)とカミソリも消耗品ですのでそれにかかる費用です。

解決策としてメンズエステでの永久脱毛などがあります。
自分は処理は大変ですが苦にはなっていないため現状維持でいこうとは思っていますが、今後はメンズエステの利用も視野に入れています。

「毛深い」というものは生まれ持った体質なのでしょうがないといえばしょうがないですが、うまく付き合っていくしかないことだと思っています。

若ハゲの苦悩

若くしてハゲました。まだ30代後半です。ルックスには地震を持っていました。昔はSMAPの草薙毅とか言われて、切れ長の目に頭皮もふさふさしていて結構モテました。それに胡坐をかいたのも悪かったのですが、結婚できるタイミングが何回かあったのですが、結婚しませんでした。モテていたので・・・。

親父もハゲてませんでしたから、安心していました。ただ、これまでの不摂生でホルモンバランスが崩れたのでしょうか、35歳くらいから、頭のてっぺんの部分が薄くなり始めました。
もう40代にさしかかるところですが、今ではフランシスコザビエルのような頭になっております。
正直ショックですし、一気に老けた感じでモテなくなりました。

始めは、頭皮の薄さをカバーしようとアデランスなどにも足しげく通っていたのですが、お金の自由度が少なくなったのでそれもやめました。
また自分に自信がなくなり、昔からもてなかった人のようになります。
そうすると着る服もなんか地味になり、今までいっていた高級洋服点には、自分に自信がないのかあまり行かなくなりました。
そうやってうじうじしていたのですが、「これでは自分が駄目だ!」と思い。坊主にしました。

女性でも今は坊主がOKの人も多いと思います。坊主にしようが、女性には特に変化がなかったのですが、自分に自信がもてたのが一番です。毎日自分で剃るのは面倒ですが、ある意味開き直ったというか、覚悟ももって坊主になれば、他人の目もあまり気にならなくなりました。

手が小さい男性という悩み

手の小ささで悩んでいる人がいました。そんなに悩まなくてもいいのではないか、と言ったことがありますが、本人は深刻にしていました。そうか、手の小ささか、などと他人事ながら考えてみたのですが、確かに、手フェチなんて言葉もありますし、大きな手や長い指、ごつごつした骨っぽさなどは男性の魅力ではあります。そこに惹かれる女性がいるのは確か。それに、女性とは違う男性の手にドキドキしたり、思わず手や手首、腕を見てしまうなんてことはあるかもしれません。

小さいよりは大きい方が、頼りがいがありそうに見えるかもしれないです。それが本当であってもなくても。自分と違うものを好んだり求めたりするということが、無意識的にあるとは思うのですが、男性と比較したときに女性の手はどちらかというと小さかったり繊細だったりするので、そうではない手を求めてそこに守られたい心理などを仮託することがあるでしょう。

大きいからいいとは言えないのですが、確かに小さい手というのは悩みになりうるものかなと納得してしまいました。どうしようもないことなので、別の面を磨くなりアピールするしかないね、と彼に言ったかどうか。好きになったら大したことない、そんなことではあるのですが。